私たちは、自然に優しい生活を応援します。

ゴルフスイングの真実 へようこそWelcome to My Site

ゴルフスイングの真実のはじめにStart

サンプルイメージ

ボールを投げるときと一緒。右手のスナップを使ってクラブを振る

野球でボールを投げるのも、ゴルフスイングも非常に共通する点があると思っています。ゴルフスイングの基本・最前線の要領です。ボールを投げる場合には、リストのスナップをきかせます。ゴルフスイングも同じです。インパクトゾーンでは右手リストのスナップを使ってクラブを振るようにします。
筋力が衰えてきても右手リストのスナップを使うことはいくらでもできるはずです。
スナップを使ってクラブを振ることができれば、インパクトゾーンでクラブヘッドが手元を追い越すようになってゴルフクラブを振ることができます。
手元は小さく動かすのにもかかわらず、逆にクラブヘッドは大きく動かすことが可能になります。これでパワーをそれほど使わなくてもクラブヘッドを速く振ることができるのです。

スナップとは川で石をバウンドさせるように投げる要領

スナップの要領がどうも理解できないという方は、子供の頃の川遊びを思い出してみましょう。川原にで平べったい石を見つけて、それを川に向かって投げ、川面にバウンドさせて遊んだ経験がないでしょうか。
野球でいうサイドスローの要領で横から投げるフォームをとり、右手のリストを甲側に折り、石を投げるときには、逆に手のひら側にリストを折るようにして右手リストを使ったはずです。
この右手首の使い方が、いわゆる「スナップ」というものです。ゴルフスイングでの右手の使い方は、ちょうどこの川面に石をバウンドさせるときの投げ方とほとんど変わりません。川面に石をバウンドさせるイメージでゴルフクラブを振ってみましょう。

Copyright(C) ゴルフスイングの真実 All Rights Reserved.